3万円の重み

いったいいくらの出費になるんだ?

私がパートで働くことになり
家計に余裕ができると思ったのか
夫が連日飲み会の予定を入れてきた。

パート代といっても入るのは
せいぜい3万円程度である。

それを少しでも家計の足しにと思っているのに
夫は3万円の重みがわかっていないのかもしれない。

困った。

ガツガツ節約するのは性に合わないし
というか、それ以前に続いた試しがないし・・・

よく「節約して〇〇円貯めました!」というような記事を
奥様雑誌で見かけるが、ほんとかよ?と溢れてくる半信半疑。




[PR]
# by kuraki88 | 2016-07-26 08:14 | 日々の事

ATMで見る光景

給料日は何かと忙しい。

銀行へ行き、各支払い先へお金を振り込む
という、いかにも面倒な作業があるからだ。

口座振替に変更すればこんな手間も省けるが
その手続きがそもそも面倒くさいのだ。

ATMに並ぶ間、スマホをいじりながら
無関心を装い人間ウォッチング。

ベビーカーを押しながら順番を待っているママさんを見ると
無条件に、他人事なのに、大変だなと思ったりしている。

狭いのによくベビーカーで・・・

それ以外に方法がないのだから
当たり前のことなんだろうけど
私は変に感心してしまう。

毎月見る光景なので、つい書き留めたくなった。




[PR]
# by kuraki88 | 2016-07-25 10:40 | 日々の事

ここ数日の私は

ここ数日の私は前向きだ。

それは「とと姉ちゃん」の影響でもあるし
宇野千代の本の影響でもあるような気がする。

今まで自分がどれだけ怠けていたのかと
クラクラしてしまうくらい彼女たちの世界は
生きていく過程に一切の「無駄」がないのだ。

のらりくらりと過ごしてきたせいか
一生懸命なその姿にハッとさせられ
あーあーと後悔してる、結局。

何かを新しく始めるには勢いやタイミングが必要だと思うけど
ちょっとの意識を変えるだけなら私にもできるかもしれない。




[PR]
# by kuraki88 | 2016-07-24 06:52 | 日々の事

宇野千代本

木曜日、注文していた本が届いた。

行動することが生きることである―生き方についての343の知恵 (集英社文庫)

宇野 千代/集英社


本屋で見かけて「今の私に必要だ」と思った宇野千代本。

まだ読み始めたばかりだが、
とりあえず動いてみようと
思える本だ。




[PR]
# by kuraki88 | 2016-07-23 06:43 | 読書メモ

働くこと

パートが決まり、どこか浮かれている。

短時間とはいえ「働く」ことが楽しみなのである。

勤務が始まったらそんなことは
言ってられないのかもしれないが
今はそちらの気持ちの方が大きいのだ。

仕方なく、働かなきゃと思い
パートに出ることになったのに
このウキウキした感じといったら・・・!

久々に社会に出ることが関係しているのだろうか?




[PR]
# by kuraki88 | 2016-07-23 06:39 | 日々の事

趣味なし主婦の独り言


by kuraki88